シングルマザー マイホームを買うのが夢!

国際裁判と離婚 シングルマザー 在宅副業のノウハウ教えます!

国際離婚 相手が離婚してくれない・同意してくれない

最近話が経済的自立のことばかりですが…。

 

 

困ったことになりました。

 

めんどくさい夫が、

離婚しないと言い出しました。

 

本当に意味不明です。

 

すでに、離婚する、しない、でなんども意見を変えています。

しかも、私の家族や、夫の自分の家族を巻き込んでのこの有様です。

 

 

ここで、私がすることは…

日本で離婚裁判を起こすしか、方法がなくなりました。

 

 

ここで、ポイントとなるのが、私には暴力を振るわれたという事実と証拠があることです。

 

 





裁判所が法定の離婚原因として認めている事柄は5つあります。

 

裁判になった場合には,これらに当てはまる事由がなければ離婚は認められないのですね。

 

① 不貞行為
いわゆる浮気です。

 

② 悪意の遺棄
一方的に別居をするなど。
勝手に家出をした夫が妻に生活費を送らない場合など。

 

③ 3年以上の生死不明
生存も死亡も証明できない状態で,かつ最後の消息もしくは音信があってから3年以上経っている場合。

 

④ 回復の見込みのない強度の精神病

 

⑤ その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき
暴行,虐待,酒乱,勤労意欲の欠如,浪費,愛情の喪失,犯罪,性的異常など,夫婦関係を破綻に導いたと認められるもの。

 

 

これらに関しては、離婚が認められることが多いです。

 

 

 

私は、協議離婚を希望していました。

 

 

なぜなら、費用が一番かからないからです。

 

でも、このように夫が離婚しないなど言い出した今、
いち早く離婚、また、確実に真剣を取るには日本で裁判を起こすしかありません。

 

離婚裁判で認められる暴力は身体的暴力だけではない

以前、ここで保護命令のことを書いたので、暴力で離婚となると《身体的暴力のみ》とお考えの方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、一方的に離婚したい場合には身体的暴力に限られません。

 

生活費を渡さないなどの金銭的暴力、友人関係を制限するなどの精神的暴力も含まれます。

 

ですので、身体的暴力を振るわれていないから、離婚できないと諦めないでくださいね。
(私は離婚を推奨しているわけではないのですが^^;)

 

とにかく私は離婚したい。
これに尽きます。

 

早く迷惑をかける人間と縁を切りたい。

これだけです。

 

これからすることは、台湾の弁護士に夫が調停を取り下げたことを連絡して、夫に生活費の請求ができないのかを相談します。

また、養育費をもらうためにはどういう裁判を起こしたらいいのか?

面会は必須か?なども聞きたいですね。

 

台湾では厄介なことに、本人が2人揃って市役所に行って書類を提出しなくてはなりません。

ですので、協議離婚の場合には私は台湾に行かなくてはならなかったので、身体の危険を考えますと、結果、日本で裁判を起こす形で良かったのかもしれません。

 

 

また、弁護士への相談は、

日本の弁護士にも相談して、国際離婚の申し立ての費用や手順を改めて相談します。

法テラスの制度も利用できるのか??も聞いてみます。

 

いやぁ、費用がかかりますね。

 

もし、厳しそうであれば、自分の事業がうまくいってから裁判を起こそうと思っています。

それまでは、自分で稼いで頑張るしかありませんね。

 

昔、ラッキー池田がお願いだから離婚してよ〜ってTVで言ってましたが、私も同じ心境です。

 

結婚はあんなに簡単なのに、離婚は簡単にさせてもらえないんですね。。。

サイトマップ

過去の記事

カテゴリー