シングルマザー マイホームを買う!

国際裁判と離婚 そして自分の人生を見つけた

シングルマザーとアフィリエイト・在宅ワーク その④ 海外に住んでいたら…

このシリーズは、シングルマザーのかたがアフィリエイトに取り組むには…どうしたらいい?という素朴な疑問に対して基本的なことや、初心者が取り組める即金性のあるアフィリエイトの下積みについて書いてきました。

今回は、海外に住んでいるので日本のフリマアプリを使えない…けど、稼ぐ力を身に付けたい、とお考えの方にひとつのヒントになれば…と思って書いてみます。

海外にいるからフリマアプリは使えない方へ

諦めないでください^^

 

だって、私は海外にいる友人とビジネスをしているんですから〜

 

私の転売では扱う商品は、半分の商品が自分が海外のネットで仕入れ、半分の商品が海外にいる友人に頼んで送ってもらっています。

 

どんなビジネス??気になりますよね。

 

例えば、日本ではすごく高いのに、海外では激安なんですけど…っていう商品、結構あったりしますよね。

 

そういう商品を海外にいる友人から送ってもらいます。ビジネスパートナーって感じです。

私は配送料と、購入などにかかる手間賃をアルバイト料として上乗せして、商品代金をその日のレートで計算して友人の日本の口座に振り込みます。
そして、友人は現地で買い物をして私の自宅に送ってくれて、私がフリマアプリで販売しています。

 

友人は海外で即現金を受け取れないデメリットはあるのですが、日本でどんどんお小遣いが増えていくので、帰国した時に引き出しています。

 

海外送金も考えていたのですが、その手数料が結構高いです。その外へ流れる資金がもったいないんです。
お互いそこにお金を払うなら利益にしたいという感じなのでそのようにしています。

 

なので、日本人なら日本に口座があるだろうし、本当に困った時にはその日本の口座から自分で海外の銀行送金できますので安心です。

 

だから、海外にいて、海外だと本当に安いものを日本のフリマアプリで販売してもらう方法があります。

例えば、日本にいる家族に送って家族をアルバイトとしてお願いして発送などをお願いしてもいいですよね。
それが厳しかったら、外注もできます。
利益が少なくて、更に手数料も払うと手元に残るお金は少なくなるかもしれませんが、勉強にはなります。

 

私は、最初、自分で使うヨーロッパの商品を日本に送ってもらって余ったものを出品していました。ある時、これを売ったらどうなる?って思って、同じ商品が出品されていないかチェックしたら、結構手元にお金が残ることが判明したので、そこから余った分だけ不用品として出品しています。

基本は自分が消費するものなのであまり多くは出品できませんが、かなり生活の足しになっています。

 

もし、これは日本で売れる!!利益が取れる!っていうものが見つかったら私にこっそり笑連絡ください^^/ 一緒にビジネスをしましょう!

 

海外に住んでいるなら、そのメリットをどんどん利用しましょう。

 

ちなみに、台湾で買った本とか意外と人気でしたよ^^

日本に里帰りする機会があったら、海外のお土産品でも、生活品でも、フリマアプリで日本ではどれくらいで売られているのかな?ってチェックしてみると面白いと思います。
それは遊びで時々チェックして、かなり差額があるものが見つかったら、そして、これは売れる!!って思ったら数点買ってみて日本に滞在している時だけでも挑戦してみると良いと思います。

ちなみに、消費期限があるものは売れなかった場合、長期保存ができないので、時間をかけて売れるように置いておいても腐らないものを選ぶと良いと思います。

こういうマインドで過ごしていると、アンテナがいろいろな良い商品を引き寄せてくれますよ^^
ダメ元で挑戦してみよう、という感じで売れなくても痛くない出費から初めて見ることをおすすめします。

 

何が売れるかな、と考えるだけでも楽しいですよね。

また、eBeyに取り組んでみてもいいと思います。
海外に住んでいるからこそ実践できますよね。^^海外から日本人が販売しているというだけで信頼性も高い…かもしれません笑

 

こういう発想をどんどん膨らませることが、お金と仲良くなる秘訣かなと自分に言い聞かせています^^

お金が入ってくるチャンスがなかったら、自分で作る。

自分からいろんなアイデアを膨らませて前向きに楽しんでみましょうね🎵
 

 

このシリーズは長くなりました〜〜〜〜〜〜〜

 

 

次回のシリーズには塾に入ってアフィリエイトを学ぶとは…どういうことか。
を私の実際の感想を踏まえ、書いていきたいと思います。

 




サイトマップ

過去の記事

カテゴリー