シングルマザー マイホームを買う!

国際裁判と離婚 そして自分の人生を見つけた

【奇跡その1】棚ぼた離婚 急展開!離婚しました^^

こんにちは^^

 

 

 

まぁ〜〜〜〜、本当にびっくりなことが起きました。。。。

 

 

 

私、離婚しました!!!!!!!!!(祝!)

 

 

 

1月2日のブログまではセンチメンタルな感じでしたが、その次の日、3日に姉の子供がうちの娘と遊びたい〜〜〜とうるさかったそうで、また遊びに来ました。

 

その時、姉と2人になる時間があったので、初めて今までの状況と、離婚する旨を伝えました。

 

姉は母から少し状況は聞いていたそうで、台湾に離婚しに行かなくちゃならないなら、子供を預かるよ〜って言ってくれました。
実家も将来家を貰えばいいじゃん、だって^^

 

 

シングルマザーになる予定で、実家にお世話になっているので姉は私がずっと実家にいるんだろうな、って思ったらしいです。

 

しかーし、心の中ではこっそり
《いや、家買うから^^》って独り言言ってました。

 

 

なんか、今まで自分から姉には言いづらかったので、その時に今までの経緯と状況を話すことができてホッとしました。

 

姉には1年に数回しか会わないのでそんなに近況を逐一話すわけではないので、今までちゃんと話すキッカケがなかったんですよね^^

 

 

これで、家族全員の中で話が通って気兼ねする必要がなくなり、なんだかホッとしたな〜〜〜って思っていました。

 

 

 

 




 

 

そんな感じで、お正月早々、父親がいないということを意識したちょっとしんみりしたお正月から始まり、次の日にはなんだかホンワカしてスッキリとしたり…。過ごしていました。

 

 

 

そして、私の中での新しい挑戦。

 

 

ここしばらく、自分の気持ちに忠実でいるということを徹底的にしていて【自分を大事にすること】を第一に過ごしていました。

 

 

これは、何も大それたことではなく、自分の気持ちを常に聞くということをしていたんです。

 

今何食べたい?今何したい?ということから始まり、今どういう気持ちかな、という
今自分が何を感じているかということにフォーカスして過ごすということです。

 

 

で、心地いいことしかしないと決めて過ごしていました。

やりたくないことは徹底して、やりません!

 

 

今までは自分の気持ちを聞かないで生きてきたので、最初は自分の気持ちが分からないなりにとりあえずやってみようという感じで実験半分な気持ちでやっていました。

 

 

なんでかというと、

これをすると、自分の人生が動き出すらしい笑

という情報が来たからです。^^

 

 

そんなこんなで、
お正月には少ししんみりしましたが、基本的には精神的にずいぶん落ち着き、結構いい感じ🎵っていう気分で過ごしていました。

 

 

そうなると、日々結構楽しいです^^

だって、好きなことしかしなくなるから。。。

 

 

 

そして、、、、そう過ごすある日、、、、

 

 

 

 




 

 

運命の日が!!!!!

 

引き寄せ〜〜〜〜〜?!?!?

 

 

 

日付は2018年1月14日…

 

いつも通り、朝起きて、子供に朝ごはんをあげてました。

 

台所には母と父と私と娘でテレビを見ながら…
娘は朝のNHKの連続テレビ小説のオープニングのアニメーションが大好きで始まると釘づけです^^

 

 

まぁ、それはいいんですが、家の門がガラガラと開いたので母が誰か来たのかな〜と思って玄関に行きました。

 

 

私と娘はそのままテレビを鑑賞しながら朝ごはん🎵

 

そういえば、ずいぶん母は長く話してるな〜なんてテレビを見ながらぼんやり考えていたら、母が戻ってきて、

 

 

《陳さんが来たけど…》
※陳さんとは、私の夫です

 

 

って言ったんです!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

ヒッ

Σ!(◎_◎;)

 

 

 

 

 

 

 

私は一瞬、
悪寒と驚きとで10cmほど軽く飛び上がり、固まりました。。。。。

 

 

次の瞬間思ったことは

「どうしよう」でした。

 

 

今書いていても、心臓が止まる勢いのびっくり加減でした^^;

 

 

もう、本当に恐怖と、驚きで頭が真っ白です。

 

 

で、母が、
《陳さんが会いたいって言ってるけど…連絡しても連絡が取れないから来たって言ってるよ》
と言いました。

 

 

若干、母はイライラしています。(なんでやねん)

 

 

 

うーん。。。。

 

どうしよう、どうしよう、、、、、

 

 

 

どうしよう、、、、、どうしよう、、、

 

 

 

(°_°)

 

 

どうしよう。。。(頭真っ白)

 

 

 

そこで私がとった行動は

《警察を呼ぶ》でした。

 

 

夫とは、連絡が取れないって言っても、LINEはブロックしていましたが、それに代わるメルアドは教えていましたので、連絡が取れない事態ではありませんでした。

 

 

最近、私は夫のことをしばらく忘れて、自分が気分良くなるように心を落ち着けて生活しようと決心して楽しく過ごすことを第1優先にしていました。

 

 

ですので、
最初、LINEで連絡をとっていましたが、LINEは既読がつくし、通知も出るのでとても嫌でブロックするようになりました。通知が出た時には楽しい一日が台無しになるからです。

 

 

そしたら、夫がなぜか私のプライベートでよく使っているメルアドに連絡をよこすようになりました。

 

 

仕方なく、そのアドレスで連絡を取っていましたが、他の友達からの連絡が来ても、夫からではないかとビクビクしてしまうので、それも嫌だったので、新しくメルアドを取得してそのアドレスを教えてこれからはこのアドレスで連絡してくださいと伝えました。

 

 

その新しく作ったアドレスはアプリにも登録していないので通知も来ません。

 

 

私が自分の意思でブラウザからメールチェックしない限り、夫からの連絡があったかはわからないです。

 

 

それくらい、夫との連絡が苦痛で、自分の子育てにも影響すると思っていたので、一旦、このような形にしたんです。

 

 

この行動が、後々将来裁判で問題になったりする可能性も今から考えればあったのかなぁと思いますが、自分で自分が気持ち良く過ごすということを固く決意したので、まずは自分の気持ちに従いました。

 

 

夫が連絡をする権利があるように、私が夫の連絡を読まない権利もあると思っていました。

 

 

 




 

 

さて、そんな状況の中、夫が突然日本に来ました。

 

いきなり、玄関に。

 

もう、ホラーですよね。

 

で、警察に電話しました。

 

 

母は警察を呼んでどうなるの?と言いましたが、私は保護命令を申請していたので、警察へは台湾での暴力の情報が残っているので、話が早いし、こういう状況でまだ何も起こってないけど、とにかく警察に相談しようと思い浮かんだんです。

 

 

私と夫とで話し合いするのは危険だし、解決はしないと直感で思いました。

 

 

 

電話を取って、110番。

日本でこんな経験初めてです。

 

 

 

 

警《はい110番です。事故ですが事件ですか。》

 

 

私《事件でもないのですが、以前保護命令を申請して、警察に相談に伺った者ですが、暴力を振るった夫が、実家に突然来て困っています。》

 

 

警《電話番号から、こちらで情報を見れます。台湾の旦那さん…ということでよろしいでしょうか?》

 

※どうして警察が私の電話からすぐに情報を見れるのかということですが、保護命令を申請すると万が一に備えて、私の電話から警察に連絡すると私がどのような状況で警察に被害届を出していたのか、警察の人がすぐに情報を見ることができ、すぐに駆けつけられるようになっています。

 

 

私《はい、そうです。突然のことでどうしていいかわからないので電話してしまいました…》

 

 

警《わかりました。今から自宅にお伺いしてもよろしいでしょうか?》

 

 

私《はい、えー、、、、っと、すみませんが、警察の方に来て頂いたらどのようになるのでしょうか》

(自分で警察に電話しておいて、この質問笑)

 

 

警《まずは事情を聞くために話し合いになるかと思います。》

 

 

私《わかりました、ありがとうございます。お願いします》

 

 

警《はい、もう向かってます。とりあえず、家の鍵は閉めてお待ちください。》

 

 

私心の中《え!!もう!!早》

私《ありがとうございます、わかりました。よろしくお願いします。》

 

 

 

電話切る


 

 

 

 

 

その間、警察が来るまで5分から10分間ありましたが、窓からこっそり外を見たら夫が家の門の前で立っているのを見ました。

 

 

もう、気が気じゃなかったです。

 

 

この人、断りもなくいきなり飛行機に乗って日本に来るなんて、普通じゃない。
と思いました。

 

 

怖かったと同時に、とにかく気が動揺していろんなことが考えられなくなりました。

 

 

 




 

 

…と、警察が到着。

 

 

 

1名の警官が夫に話しかけています。

 

少し離れた場所(自宅から5メートルくらい)に移動して事情聴取をしています。

 

 

その間10分くらい。

 

 

私はまた窓から様子を見ていました。

 

 

その後にその警官の方が自宅に来て私に話を聞きに来ました。

 

 

それで、台湾での暴力の経緯と、別居中の様子、保護命令の申請内容、最近の連絡を絶ったこと、今日突然来て怖かったので連絡したことを告げました。

 

 

なるほど、と警察の方が言って、外に出てきました。

 

 

その後に、

「◯◯さん〜(私の名前)、大丈夫ですか」と言って玄関に入ってきた女性の方がいました。

 

保護命令の申請時に警察に言った時に事情を説明した女性警察官の担当者の方が来てくださいました。

 

「びっくりしたねぇ、大丈夫??突然日本に来るなんて…」と言われて、思わず私の目から涙が出てきました。安心したんでしょうね。。

 

 

 

この担当の方は、保護命令申請時から定期的に連絡をくれて、様子を逐一聞いてくださる方で、本当に警察の方なのに親身に話を聞いてくださって心強い味方です。

 

 

そこでまた、最近の経緯を改めて話して、

 

「じゃあ、お相手の目的は話し合いのようなので、私たちが一緒にいたら話合いはできそう??表に車があるからその中で。」

といわれたので、ちょっと夫と対面するのは怖かったですが、ここで拒否したら始まらないのでとりあえず同意し、表に出ました。

 

 

なんと、外には警官10名以上。

ぎゃー!!!!

近所の方も1名いました(何事かと思ったのかと…)

 

 

 

^^: 

 

 

まぁ、でも、夫が何しに来たのか分からない以上、こちらが警戒するのは当然で、暴力を一度でも振るわれている以上何をするかわからない相手なので、警察を呼ぶしかなかったかな、と今でも思います。

 

 

また、この警察を呼んだことが、後々大きな流れへと繋がっていきます…

 

 

 

 

長くなったので次回に続く⭐️

 

 

 

ギリシャの写真は関係ないかな〜と思いましたが、気分的にはこんな気分です^^

 

サントリーニ島、また娘と行きたい〜〜〜〜!

 

 

 

 

 




サイトマップ

過去の記事

カテゴリー

まだデータがありません。