シングルマザー マイホームを買う!

国際裁判と離婚 そして自分の人生を見つけた

【奇跡その2】保育園 結果が届きました!

こんにちは(^^)

 

 

最近の東京はとにかく寒いです、当たり前ですね冬ですから…(^^ゞ

 

春にならないと活発にならなくて、早く春よ来いーと毎日思っています。

 

 

さて、先日の突然の夫の訪問、突然の離婚でびっくり展開でしばらく放心してました。

 

妊娠してから出産、そして別居と、嬉しい中に困難が始まり、ついちょっと前まではとにかく嵐のような日々を送ってきました。

 

 

 

離婚を本当に意識/決断したのは産後半年でした。

あら、今から約一年前の下旬に決断したんですね。

 

本当に、色んな心境の変化がありました。

 

辛さや憎しみ、喜びや愛しさ、諦めと希望、怒りと平和…悲しみに絶望、信じる心に夢見る気持ち

 

本当にたくさんの感情を経験しました…人間が持つおそらく全ての感情じゃないでしょうか!!??ってくらいです。

 

本気で、子供と命を断とうかと思ったときもあります。

シングルマザーになる事がとんでもなく未知の世界で、一つの命の重さ、責任、申し訳無さで押しつぶされそうな時でした。

 

やっぱり子供に対しての申し訳無さが1番大きかったように思います。

母子家庭で育つってどんな気持ちなんだろう、、、私にとっては当たり前にいる父親の存在が娘にはないことになるので、今は曇りのない笑顔だけど、いつか傷つくことがあるのだろうか…そう思うと、自分の選択に一瞬曇りが出ます。

 

いまでも、時々、これで良かったのかと考えます。

 

 

でも、決めたこと。

 

両親が仲が悪い環境で育つ子供も必ずしも幸せでない事…それは私も経験しています。

 

そういえば私の10代も両親のことで随分悩んだな…父親はいたけど、たくさん幸せな記憶もあるけど…

 

両親には笑顔でいて欲しかったな…

 

 

なかなか難しいですね。

 

 

完璧な家族を目指そうと誰もが思うけど、満たされないから夢を見たり、逆に自分が望むものがハッキリしたりします。

 

 

私の選択は、仲が悪いなら憎しみや争いを子供に見せないで、平和な環境を用意することでした。

 

私の両親は、子供の為に離婚しないことを選択しました。

今の私から考えると、これもすごい決断です。

 

今の両親はまぁ、もう歳なのでそれなりにうまくやっています。

これも感情のぶつかり合いの激しかった30代、40代を超えて、やっとたどり着ける境地なのかも知れません。

 

本当に愛し合ったかは本人同士にしか分かりませんからね(^^)

 

うーん、私にはわかりません。

 

激しくぶつかったり、一方がかなりの我慢をしながらの結婚が果たして正解なのか…。

 

 

やはり、離婚を考えるにあたって、お金/自立しているか、が大きく関係していると思います。

 

私の母は、やはり子供の為に離婚しなかったとは言えども、当時の世間体や専業主婦という立場が離婚を踏みとどませられた要因だと思います。

 

父は早くに父を亡くしたので、母子家庭で育った父はいつもコンプレックスがあったと言います。

 

こういった背景もあり、私の両親は離婚をしない選択をしたのもあると思います。

 

しかし、考えれば考えるほど、結婚という制度は難しいなぁと思います。

 

結婚する前は、付き合ったり、別れたり…はよくあることなのに、結婚したらその人と何があっても一緒に居なくてはならない。

 

20代の頃は色々な冒険もできるけど30代頃までには、一人に絞って…

運命の1人と本当に出会えたら、もう、幸せ(*^^*)

そして、子供を授かって…

 

だけど、

 

私の場合、

そんなにうまく行かなかったわーい!!

 

しかも、恋愛とかって努力するもんでもなく、ハートHEART❣の問題ですからっ!!

何か、違うと思ったら、努力で何とかするもんでもないと思うんですよね…

 

わくわくも自然に湧いてくるように…

好きって気持ちも自然に湧いてくるもの。

 

努力して愛そうと思ったけど…無理でしたよ…。

なんか、満たされないんだよねぇ…。

ここは違う、って声が消えないんだ。

 

選択したのは自分なのは分かっているけど

 

 

それに、それに、

よく考えてみると、ストレートにこの段階をうまく行く人って本当に稀では??

 

 

本当に運命の人を探して探して、出会った!

あれ、でも60代でやっとだわ…!

 

言う方もいれば…

 

 

本当に好きで好きで幸せなパートナーと結ばれた…でもなかなか妊娠しないよ〜、という私の友人もいます。

 

なかなか赤ちゃんが来てくれない、という友人の悩みを聞いていて、本当に私も辛くなります。努力でどうにでもなることではないから…資金も精神的にもとても辛そうです。

 

また、自分の経験からも、子供ができて、妊娠期、出産、育児と経験してきて、子供が無事に育つ、生まれてくれる、安全に生きている…

 

これらって、本当に奇跡に近いほどありがたい事だと実感しています。

 

生まれる前までにも、母親である私は無事に育ってくれているだろうか、と何度も心配し、病気に気をつけて、本当に大切に大切にお腹を守ってきました。

 

産まれる瞬間にも母娘は命懸けですし、生まれてからも、母親が気を抜けば命の危険はたくさんあります。

 

本当に奇跡の連続で今日まで生きてくれているって本当に思っています。

 

だから、周りを見ていて、本当に全てがうまく行っている人の方が少ないんだな、って思います。

 

本当の心って本人にしか分かりませんからね(^^)

 

なので、私は自分の心に忠実に生きることを決めました。

夫とは仲良く居るよう努力した時もあったけど、海外で暴力を振るわれるのはもう嫌です。

 

離婚をしてみて、周りから見たらビッグニュースで、すごく大きなことをしたのかもしれません。

でも、わたしの心は意外と…

 

あれ、シングルマザーってたいしたことないじゃん…??

すごく怖かったけど、なってみたら、紙切れ1枚でこうなったので(^^ゞ

オデコに大きく❌とか書かれる訳でもないし(^^ゞ

 

夫とはずっと別居だし、生活費もらってないし、財産分与ないし、子供も産まれたときからほぼ私が子育てしているし…!

 

 

なんにも変わらない。って言うのが素直な感想です。

 

 

ただ、未来に希望が持てます。

 

 

夫と一緒になったときには、

「私は人生の墓場に入った」と思っていました(笑)

 

だって、浮気はしちゃいけないし、ずっと夫だけを愛するっていうのが結婚ですよね?

台湾では浮気も罪ですし(^^ゞ

 

 

いや、浮気がしたいってわけでもないんですが、私の人生、本当にこの人に捧げるんだ…と思った時に少しの違和感があったのは事実です。

私の人生、この人が全てなんだ…この人に出会うために生まれてきたんだ…と思った時に、なんとも言えぬ違和感がありました。

 

正直に言うと、このように書いている自分は、自業自得なのかもしれません。

結婚相手に対して違和感とは…

思いが現実を作るとは、まさにこのことでしょうか。

だって、、、嬉しい!彼と結婚して幸せ!!と心の底から感じたことはなかったからです。どこか冷めていて、普通に暮らせればいいやと思っていたんですから。

 

 

でも、今は…!!!

 

生きているって感じています。

 

 

基本、一人でも大丈夫です。

娘がいて満たされているから。

 

 

 

 

昔と違うのは【焦りがない】ということです。

 

もし本当に好きな人とは、死ぬまでに出会えたらラッキーくらいの望みです。

 

もし、会えなくてもそれはそれでしょうがないですね(^^♪

娘が何より大事ですから

 

結婚する前は、結婚しないと大変…!とものすごく焦っていましたが、今は

相手がいる事が重要なのではなく、本当に好きな人ならば私の人生を捧げましょうという気持ちです。

 

もし、経済的に自立できない、と私が思っていたら離婚しなかったかも知れません。

 

…うーん、いや、経済的には何とかならんかもしれないけど、何とかする!っていう流れになったのが大きいですね…

 

人に求めるのではなくて、自分がどうしたいか、

夫と、生きていくのがそれほど嫌だったと言う事です。

 

経済的に厳しくなるから離婚しない、と言う決断ができる時には、それほど相手の事は嫌いではないんだと思いますので。

我慢できる範囲といいますか…

 

一旦、決意したらどんどん道が開かれました。

私も初めは自立する目処は立っていませんでした。

 

歳も40だし、私は仕事の経験は多いですが、一つの仕事をずっと長くやってきたというタイプではないので、スペシャリストという感じで復帰できる業界もないですし…唯一添乗員の仕事は好きですが子供がいるので泊りがけで海外にはもう行けません。

 

いろいろ可能性を探って、そして自分の希望(子供に何かあったら駆けつけられる仕事であること、家でできる仕事、稼げる額が大きいこと)を掛け合わせていったらみつかった!!という感じです。

 

ギリギリの精神状態でしたけどね…(^^ゞ

 

ここまでのギリギリがないと私は独立して開業するという立場にはならなかったのかもしれません。

 

 

 

すみません。。。

 

前書きが長くなりましたが、ここで今日の題と繋がります(*^^*)

 

 

娘の保育園の入園許可がおりました〜!!!

 

なんだか、最近、頭の中を一掃して考え方を変えてから嬉しいこと続きです。

 

 

なので、今日は奇跡の②としました(^^♪

思っていたことが実現しました。

 

以前、保育園野記事を書いたときに少し触れましたが、私の住んでいる市も待機児童が出ている状態です。

 

そんな中…アフィリエイトを子育てと両立するのは本当に大変で、私は一旦、子供を保育園に預けて、まずは生活の基盤をととのえようと思いました。

 

子供のそばで成長をゆっくり見届けたいという気持ちは本当にあるのですが、このままだとマイホームどころか、生活も向上しません(^^ゞ

 

なので、いまは踏ん張り時と思って一旦預けて、私は仕事に集中しようと思い立ちました。

 

 

そこで出てきたのが、大きな問題。

 

 

仕事をしていないと保育園に子供は預けられない。

ということ。

 

私は子育てでてんてこ舞いで、就職の面談の時間を取ることすら、どうやって?!という状況でした。

 

面接行く時間もないのに、仕事に出れるわけないじゃーん!

 

職場復帰できる職場があるわけでも無く…一旦は絶望の淵を漂います。

 

 

しかし、ここで終わったら、本当に私の人生終わってしまうので、調べに調べて…

 

見つけました…!

 

保育園に入る方法!!!

 

私が企業してしまえば良いということ。

 

この事を知ったときに一気に希望が見えました!!

そして、何と、アフィリエイトで企業ができるらしい…!!!

 

まさか、のマサカでした…。

 

こんなに未来が明るくて良いんだろうか…

ちょうど保育園に申し込むその直前にアフィリエイトの勉強を始め、少し収益も出ていたので、コレシカナイ!!って思いました。

 

その後、トントンと希望の塾の開催を知り、速攻申し込んで…。

 

 

何なんでしょう、この流れ!!

ついに、暗黒時代は去った〜!と思いましたよ。

 

そして離婚が決まった、そして、更に、子供が保育園に入れた…!

 

 

(次に来るのは月収100万円超えました…!だと思うのは気のせいだろうか)

 

 

客観的に見てみると、夫との離婚は有りましたが、私にとって見ると「私の人生が今始まった」という感覚です。

 

自分の意思で選択し、生きている感覚。

 

 

 

よく考えると、、

 

夫との関係があって、私は、私の人生を生き始めました。

 

 

力がないと思っていましたが、力を取り戻しました。

 

 

 

 

まだ台湾側の対応が残っていますが、今は余韻に浸り、全く頭の中に夫が出てこないので(^^ゞ

 

まぁ、ときが来たら何とかなるorするだろうと思っています。

 

 

続く🌟

サイトマップ

過去の記事

カテゴリー